プレコときどきコリ
飼育しているプレコやコリをマターリと紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイアミーズ・フライングフォックス
画像


Crossocheilus siamensis
タイ、インドネシア、ボルネオ
全長:10センチ

過去の飼育魚です。

糸系のコケに絶大な効果がある魚で、
入れておくと糸系のコケは駆逐されます。

成長は割りと早いです。
餌は人工飼料も良く食べ、水面に浮いている餌を
鼻先を出して器用に食べます。

最大サイズくらいになると仕事をサボり気味になります。

若干水の悪化に弱い傾向が有るので注意が必要です。

画像

スポンサーサイト
ボララス・マキュラータ
画像


Boraras maculatus
マレー半島、スマトラ島
全長:2センチ

別名、ラスボラ・マキュラータ、ボララス・マクラータ、ボララス・マクラートゥス

ラスボラ属からボララス属へ変更になって名前が地味に変更で
学名からするとボララス・マクラートゥスが正解?

写真はちょっと消灯後に激写したので、
若干色が飛んでます。

飼育はキンペコ水槽で割りと激流ですが、
普通に暮らせてます。

小魚は導入時に飛び出す傾向があるので、
水槽の端の隙間などを綿や網などで防御し飛び出さ無いようにしておくと良いでしょう。

この種は地味に飛ぶようで、キンペコ稚魚の飼育ボックスによく侵入してます(´・ω・)
1センチくらいは飛ぶようです。

小型種の為か、白点病等の侵攻が遅く、
キンペコが治ったのにマキュラータだけ治らず、
再度白点がキンペコに付く場合も有ります。
白点時は別水槽で治療する方がよさげです。

病気絡みで考えると、3センチ以上になる魚を
タンクメイトにするほうが無難かもしれません。

画像

画像


ロングフィン・ゼブラダニオ
画像


Danio rerio var.
改良品種
全長:5センチ

ゼブラ・ダニオの改良品種で各ヒレが長くなっているのが特徴です。
安売りで置いてあったので購入。

キンギャラ中心の90センチ水槽にはダニオ系を
何種類か入れる予定です。

餌は人工飼料も良く食べるので、飼育は難しくありません。

画像

画像

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。