プレコときどきコリ
飼育しているプレコやコリをマターリと紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アヌビアス・バルテリーの花
DSC05686.jpg

割と縦長に伸びてきて水面近くなったら、
花が咲きました。
まぁ、花が咲く場合環境が微妙な事が多いらしいので、
あまりよろしくない感じなのでしょうか・・・(´・ω・)

DSC05689.jpg

ヒゲゴケが結構付いてしまっていて、
アヌビアスにはよろしくない感じです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ハイブリ狙い09
DSC05695.jpg

1匹背ビレの模様がよく分からんことになってきています・・・(笑)


DSC05705.jpg

他の子はさほど背ビレに特長は無く、
どちらかと言うと普通のアドルフォイに
近い感じで夢は有りませんね・・・(´・ω・)


DSC05706.jpg

こちらはアドルフォイ同士で出来た子、
30個くらいの産卵でしたが、
孵化後若干落ちて何だかんだで9匹くらいが順調に成長しています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

コリ水槽に入れていたブルーアイ
DSC05691.jpg

アドルフォイと一緒に飼育していた個体と、
他のコリ水槽に入れていた2匹ですが、
超真っ白です。
色合いはアルビノブッシーよりも白い感じで、
2匹とも同様の色合いです。


DSC05694.jpg

丁度良い感じに、以前色揚げしたオスと隣りになったので比較しやすいのが撮れました。
このオスは確保したときは真っ白な個体と現状の色を足して2で割ったくらいの色で、
入れ居ていた水槽はトリム系の水槽だったので、
プレコフードも与えており、色がさほど抜けなかったかもです。


DSC05693.jpg

とは言え、2匹が入っていたコリ水槽はイトメと赤虫、
プレコフードを与えていたので、
他と思いっきり差は有りません。
その為、餌の違いでここまで差が出たのかは不明ですが、
プレコフードを割りと与える機会が多かったコリ水槽の個体は、
ここまで白くはならなかったです。

とりあえず、クロレラをメインとした食生活に切り替えてもらって、
色がどのように変化するか・・・楽しみです( ̄ω ̄)b


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ハイブリ狙い08
DSC05672.jpg

個体によりバラバラな感じですが、
1匹は若干アドルフォイ寄りの個体になりつつあります。

逆にアドルフォイの感じが無い個体も居るので、
ハイブリにまだ期待は持てそうな感じです。

背ビレにはまだ、幼魚斑が残っているので、
消える頃にわかる感じでしょうかね・・・( ̄ω ̄)b


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

意外と人気のある子
DSC05673.jpg
DSC05681.jpg

鼻先にホクロ的なシミのある個体です。
個人的にはこのような個体は、
売らない事にしていたのですが、
コケ取用途で数匹買う方はワンポイントある個体の方が、
見分けが付くので売れるようです。


DSC05679.jpg

もう一匹、うっすらと目の横に
ワンポイント有ります。

ノーマルブッシーと混ぜて、
マーブル系を作ったりすれば、
意外と人気出そうな感じがします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

余り物のテープLEDで照明作成 02
DSC05668.jpg

100×300ミリのアルミ板です。
2ミリ厚の板だと流石に加工が大変そうだったので、
1.2ミリ板にしてみました。

まぁ、それでも結構硬く曲げるだけでも加工は地味に大変でした・・・(´・ω・)


DSC05669.jpg

曲げたあとにテープLEDを貼り付けました。
穴を開けたりしたほうが排熱は良さそうですが、
現状のままでもさほど熱くはならないので、
そのままで問題無さそうです。


DSC05671.jpg

曲げただけですが、見た目は、まぁ、悪くないので合格と言うことで・・・(笑)

アルミ板の角はヤスリで削ってケガをしないようにしましたが、
ガラスに接触する部分はゴムとか取り付けた方が良さそうです。


DSC05667.jpg

手前でゴロン・・・(´・ω・)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

余り物のテープLEDで照明作成 01
DSC05662.jpg

仮設置で配線を繋げていて、
放置気味になっていました。

まぁ、早く起きてホムセン行けば良いのですが、
眠気と花粉に負けてサボり気味・・・(笑)

地味にこのままでも良い感じだったのもあるんですが・・・


過去に作った自作LEDは発熱を甘く見ていて、
熱がこもってLEDがどんどん劣化していってしまった事が有るので、
とりあえず、ホムセンに行って2ミリ厚のアルミ板を購入。
これで熱は大丈夫だと思います。

意外と硬くてかなり後悔しつつ曲げました。


DSC05664.jpg

切断してテープLEDを貼り付け完成( ̄ー ̄)b

点灯してしばらく経ったあとLED周りの熱を確認しましたが、
アルミ板に熱が移動したりしていて、
熱い感じではありませんでした。


DSC05665.jpg

対象の水槽が45*23*35なので、
テープLED一本で十分の明るさ・・・

ま、根本的にプレコなんで明るさはそんなに要りません(´・ω・)

テープLEDを二本以上使った箇所は、
別の作り方をしたので・・・(まぁ、曲げただけですが・・・)
後日書きます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

色揚げねらいとヒゲと・・・
比較写真を撮り忘れていましたorz
ので、主観ですので悪しからず(´・ω・)

メインでブルーアイゴールデンブッシーを飼育している水槽の
ブルーアイは黄色味が強く出ています。
それに比べ同水槽から他の水槽へ移動し2~3ヶ月飼育した
ブルーアイの色は黄味が若干落ち、
アルビノブッシー寄りの色になります。

両水槽の差は殆ど無く、
完璧に違う点として、クロレラ錠剤を与えているのが
ブルーアイメインの水槽で、移動した方は普通の餌のみです。

そこで、クロレラが効いているんじゃね?って事で、
第二繁殖水槽の個体に対してクロレラを重点的に与えてみました。


DSC05653.jpg

※フラッシュの関係で若干強めに黄色が出ています。
一緒に写りこんでいる稚魚よりも薄い色だった個体が、
稚魚と同じくらい黄味が強くなってきました。


DSC05654.jpg

まぁ、まだ、若干薄い感じですが、
2週間程度で思いの外、色揚げ効果があったようです。

・・・ホント、クロレラ与える前の写真撮り忘れたのが痛いです・・・orz



DSC05656.jpg

ブルーアイの若いオスのヒゲ


DSC05657.jpg

ノーマルブッシーのボスのヒゲ
若いオスとは貫禄が違います( ̄ー ̄)b


DSC05659.jpg

モサモサです。
まぁ、なんと言うか・・・
つい、ヒゲ個体が手前にいると撮ってしまって、
写真が埋もれていくのでたまには・・・(笑)


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

リラックスしてるのは良いんだけども・・・
DSC05646.jpg

写真は写りこみとかあってあまり綺麗じゃないですが・・・(汗)

最近この位置でリラックスしていて、
照明がついている時でもよく横向きになっています(´・ω・)
2~3枚フラッシュで撮影しましたが、全く動く気配なし・・・(笑)

トリム系に良くあるひっくり返ってマッタリしているのと同様なのですが、
この水槽でマッタリできる大きさの個体では無いので、
ある意味根性があるのか、力関係がはっきりしているので、
絡まれたら逃げればいいと割り切っているのか・・・(笑)

まぁ、他の大きめの固体が土管を占拠しているので、
中サイズの個体は外でゴロンって感じなのかもしれません。


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

アドルフォイ繁殖 02
DSC05645.jpg

予想通り14日から孵化し始めましたが、
孵化出来なかった子や途中脱落などで、
半数くらいが孵化した感じです。

もう少し、孵化率を上げたいところです。
卵を入れているプラケの水を酸性に傾けるとか
試してみるのも手かもしれません・・・

まぁ、定期的に産卵してくれて
順調に増えてくれればそんな事を考える必要も無いですね・・・(笑)


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ハイブリ狙い07
DSC05641.jpg

リクエストもあったので・・・(笑)
こちらは特に変わらず順調に成長しています。

産卵から大体45日くらい経ちましたが、
現在の大きさは丁度2センチくらいです。

この感じだとあと1ヶ月くらいで、
純血かどうかの判断ができそうな感じですね。


DSC05642.jpg

上から、エアーレーションを止めるのを忘れていたので、
写真が若干見難い感じになっています。


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

アドルフォイ繁殖 01
DSC05633.jpg

ウルスカによる洪水の後片付けで、
夜中にコリ水槽の明かりを付けっぱなしにしていたら、
産卵を始めちゃいました・・・(´・ω・)

産卵途中なので、明かり消せなくなりました・・・orz

今回はアドルフォイ同士でTポジをしているところを見れたので、
アドルフォイの子確定です。


DSC05634.jpg

産んでいた卵を5~7個回収して、
明かりつけっぱなしにして一眠り。

起きてから確認したところ、
結構産み付けてました。

合計30個程度回収できました。
無精卵は4つで、明日くらいに孵化予定です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ウルスカ暴れて洪水
DSC05637.jpg

週末に買い物へ行って帰ってくると、
何か濡れてる・・・(ーー;;)

新規に作成した木製台周りが水浸し・・・orz

写真の上部フィルターへの排水口の位置がズレて
水漏れ・・・標準60規格水槽の3分の1程度の水が出ておりました。

原因はウルスカが暴れて、上部フィルターの取水口に突撃、
上部フィルターのモーター固定部が割と緩いので、
さくっと外れ水漏れ・・・

4時間ほど掃除しましたが、台の下に入った水は拭ききれませんでした。
まぁ、油性ニスを接合部以外は塗っていたので、
多分大丈夫だとは思いますが、設置早々の水浸しは、ガックリします(失笑)

対策は板を入れて下から押されてもモーターが外れないようにしました。


DSC05624.jpg

同居人のオスカーも設置早々暴れて水をぶちまいてくれたりしたので、
1ミリ厚の塩ビ板を2枚使用して水しぶき対策をしています。
フレーム水槽だと返しがあるのでこんな対策でも結構効きます。

効果は結構あって、設置以降はオスカーが暴れて水槽の水をぶちまく事はなくなりました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

コケ取り能力強
DSC05623.jpg

ブッシープレコは強健でコケ取り能力が高いです。

2度くらいの水温差がありましたが、そのままドボン・・・
直後にコケを食べ始めました・・・(´・ω・)


DSC05625.jpg

翌日にはこんな感じに茶ゴケがサッパリ消えておりました。

アルビノ以外は強健なので、
コケ取りに1~2匹入れておくと、
面倒なコケ取り作業から開放されます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

マリーナガラス水槽600N 加工終了
DSC05627.jpg

マリーナガラス水槽600Nへの塩ビ板張り~バックスクリーン張りが終わりました。
塩ビ板は2ミリ厚の15ミリ幅を使用しました。


DSC05629.jpg

バックスクリーンは今回購入した「ブラウン」・・・
ん~渋いです。
プレコには丁度良いかも・・・
個人的には結構冒険した色です(笑)

とは言え、ガラス厚が3ミリと薄いので、
標準フレーム水槽は結構怖いです。

写真は撮ってないですが、
正面は100均で買ったガラス飛散防止フィルムを
とりあえず張ってみました。
さほど、反射もせず透明度も落ちなかったので、
100円なんで使ってみるのは良いかもしれません。
ただ、フィルムに折れ癖がついているので、
張るのが面倒なのと、透明なので気泡や埃が入ると目立ちます。

・・・と・・・何故かマリーナガラス水槽600Nに付属している水槽蓋は
ガラス厚が4~5ミリくらいある分厚いガラスで、
その分を本体になぜまわせないのか・・・残念な感じです(笑)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

ハイブリ狙い06
DSC05630.jpg

順調に成長しております。
結構大きくなりました。


DSC05631.jpg

アイバンドが出てきましたが、
ユウナとアドルフォイ共にアイバンドが有るので、
まだ、区別がつきません(笑)

まぁ、気長に待つしかないさそうですね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

テープの粘着部を取る方法
DSC05600.jpg

水槽とかを買うと、テープを剥がしたりした時に、
テープの粘着部が残る場合があります。

そのような時に綺麗に粘着部を取る方法です。


テープと粘着部が取れにくいテープの場合剥がしたテープをそのまま使用するか、
対象のテープより強力なテープを用意します。


DSC05601.jpg

今回は紙のガムテープを使用。
セロテープの跡や透明なテープの跡等ならこれで十分です。


DSC05602.jpg

ガラス面に張り付いている粘着部にペタッと付けて
剥がすのを数回繰り返すと、
ガムテープのほうにガラスについていた粘着部がくっつきます。

取る側のテープの同じ箇所で何度もやると、
負けてごっそりガラス面につく場合があるので、
チョイチョイ位置を変えて新鮮で強力な粘着部を私用すると良いです。


DSC05604.jpg

少しやった感じです。
半分くらいは取れました。

擦ったり、伸ばして剥がしたりすると地味に粘着部が残って、
嫌な感じになりますが、この方法だと結構綺麗に取れます。

但し、ガラス面や硬い素材以外でやると、
表面が剥がれたり二次災害が発生するので、
注意してください。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

水槽台完成から設置
DSC05597.jpg

組み途中で、まだニスとかは塗っていない状態です。


DSC05608.jpg

ニスを塗った感じです。
ローズ色の油性ニスにしてみました。
塗り重ねると濃ゆい色になってなかなか良い感じです( ̄ω ̄)b

見える部分は3~4度塗って、見えない箇所は1~3度塗った感じです。
今回は組んだ後から塗ったので、接合部は多分塗れてません。

防水をしっかりするなら、先に1~2度は塗っておいて、
組み立てるようにしたほうが良いと思います。


DSC05619.jpg

設置した感じです。
何もおかない状態は、忘れてて撮影してませんでした(笑)

基本形+横にオプション棚を付けてます。
オプション部は超適当に作りましたが、
結構良い感じになったと思います。

真ん中は600×300×450水槽を置く予定ですが、
ちょっとお金使いすぎたので、
夏くらいまでテトラのRG-60で運用します(笑)


DSC05621.jpg

棚の幅は470×23ミリでGEXの450×230×350水槽を予定していて、
今のところは2段とも同じ水槽を置く予定です。


追記:あまり、関係ありませんが、
65ミリのステンレス木ネジ320本ほど使用してました(汗)
一部金具を使用した箇所とかはまた今度記載します。
まぁ、金具必要なかったんですが、強度上げで念のため使用した感じです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。