プレコときどきコリ
飼育しているプレコやコリをマターリと紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベネブラF1がまた産卵
DSC06301.jpg

ベネブラF1がまた産卵しました。
今度は浮かべているプラケに産卵で、
写真は3日前くらいのF1卵で孵化し始めています。
プラケの底面についているのが今回の卵です。

思いのほか、いろいろなところにチョコチョコ張り付いており、
65個までは回収しましたが、まだ、20個前後は有ったので残りは放置。
無精卵は内1個くらいで、F1個体群の受精率は良いです。
※ただ、稚魚が若干弱めかなぁ・・・この間のは、結構落ちてます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。
スポンサーサイト
コリの卵をプラケに貼り付け孵化させる場合の注意点
そういえば書いていなかったので・・・

プラケに塩素入り水道水を入れ、そのまま水槽内に浮かべて温度合わせをします。
その後、卵を貼り付けていき、水槽の端に貼り付けるように浮かべます。
固定しない場合は以下の作業を行いプラケの向きを決めておいたほうがよいです。


DSC06299.jpg

必要水量が入ったプラケを水面に平行に浮かべ手を離します。


DSC06300.jpg

するとプラケの重心がどちらかに偏っているので、奥か手前に傾きます。
今回は奥側に傾いたので、180度回転し傾いた面をガラス面に引っ付けます。
卵もこの面に貼り付けてください、逆側には貼り付けません。

プラケを固定しない場合、何らかの拍子にプラケが水槽から離れた場合即傾きます。
逆面に卵を貼り付けた場合、水が偏り卵が水上に出てしまいます。

目の前で起こった場合は即対処でき問題ありませんが、居ないときに傾いてしまうと、確実にアウトで、せっかく採卵した卵が干からびてしまいます。
その為、傾いても水に浸かっている面を使用します。逆面に貼り付けないのは事故を防ぐためと、両面貼り付けると確実に許容量オーバーなので・・・(笑)

ただ、バランスが微妙なプラケや外れた状況により逆側に傾く場合も有るので、油断は禁物です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。
ベネブラ産卵中
先ほど、孵化したベネブラ稚魚の数とかを数えていて、
ふと、横のベネブラ水槽を見たら・・・


DSC06296.jpg

Σ(ーωー;;)
っ!!
絶賛産卵中・・・

うそ、んな、ばかな・・・


DSC06294.jpg

数個が水上に・・・(笑)
とか、画像の卵だけで300~400個ほど有りそう・・・しかも、現在追加中。
半分くらい数えた時点で数える気が無くなりました(´・ω・)

さりげなく後ろのエアーリフトのスポンジフィルターのパイプにも産卵してました。
+30~50個ほどと想定。

こちらは一塊が無精卵の場合が有ったりと、偏りの有る水槽なので、有精卵の率は低くなる傾向にありますが、母数が多いので、半分駄目でも最低150個以上は大丈夫な計算に・・・(汗)


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。
ベネブラF2孵化 3日目
DSC06286.jpg

ある程度孵化しました。
大体80~90%ほどです。
まぁ、孵化2日目はほとんど孵化せず、ん~80%くらいは駄目かもと思っていたのですが・・・
3日目で一気に孵化しました。


DSC06287.jpg

孵化数が多いので、プラケを倍増


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。
ベネブラF2孵化
よく考えりゃF2でした(汗)

DSC06281.jpg

今回は用意したプラケより産卵数が多かったので、1プラケに40~60個を貼り付けています。
全部が孵化すると、許容量オーバーでブラインを食べ始める前には1プラケ20匹前後にする必要があります。
20匹前後にしないと駄目な理由は、ブランを食べ始めると、他稚魚のひれを齧ってしまい、鰭欠け個体が大量に発生します。最大数はプラケの大きさに依存し、砂利等が入っている環境であれば、数はもう少し増やせます。


DSC06280.jpg

予想通り3日目で孵化しましたが、ん~小さい・・・
プラケの端に3匹ほど居ます。
大体あと1~2日かけて孵化して行く感じです。

あと、残念ながら、アドルフォイとユウナの卵は全滅でした。


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。
アドルフォイかユウナの産卵その後
採卵から2日目ですが、
ほとんどの卵がダメになりました。

卵内に稚魚が確認できたのは1つ・・・
ん~この悪さはハイブリか!?
とは言え、このパターンは稚魚が奇形になってる可能性が高いので、孵化するまではどうなるか微妙なところです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。
アドルフォイかユウナの産卵
DSC06274.jpg

と言いつつ出来れば、ハイブリでリアルユウナフォイを・・・
出来たら、アドルフォイの繁殖はいったん止めれるのですが・・・(笑)

卵は大体20個程度でよく見える箇所の無精卵は取らなかったですが、
プラケ内も無声卵2~3個ありそうです。
無精卵はトータル5個前後、75%くらいの有精卵。

数はベネブラと違い少ないですが、卵の大きさは1回りほど大きいです。
孵化までの日数もこちらのほうがかかり、大体4~6日はかかります。


にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。
ベネブラF2繁殖
DSC06276.jpg

ベネブラのF1個体群を放置飼育している水槽で産卵しました。
写真部に大体60個程度産み付けられていて、
回収していましたが良く見ると・・・


DSC06277.jpg

こちらにも大量に産みつけられていました。
こちらは80個ほどで無精卵は4個良い感じです。
で、こちらも回収していたら、
葉の裏や下の葉にも卵が・・・
メスっぽい個体が2~4匹は居たので、
多分皆が同時に産んだようです。

多分回収は180個前後で、
プラケ4つに入れました。
孵化率次第でプラケ2個追加して
10~20匹で孵化1ヶ月は飼育する形になります。


若干モチベーションが戻りました・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
良ければクリック宜しくです。
ベネブラ稚魚全滅
大型のプラケで育成中していたベネブラ稚魚ですが、
今朝ヒーターが故障して煮物に・・・orz

今回のベネブラ稚魚はこれで全滅です。

温度固定(26度)ヒータでしたが、
ずっと温め続けていた感じで、
今朝気づかなかったら、
二次災害が発生するところでした(汗)
多分、ヒータ内のサーモスタットの故障でずっとON?
温度固定タイプは、可変タイプと異なり、
すべて水の中に入るから故障しやすい?
ん~可変でもサーモ一体型は同じなのかなぁ・・・
まぁ、サーモスタットが故障した時点で致命的か・・・
結局どのタイプでもサーモスタットの検出値が
エラーなら同じか逆のことになるのでだめぽいですね(´・ω・)

次の産卵は来年かな・・・(遠い目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。