プレコときどきコリ
飼育しているプレコやコリをマターリと紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clout届く
っ早!!
米アマの到着予定が来月7日くらいだったので、来月中旬には届くと思っていたのですが、注文から1週間以内に届きました。
正確には昨日配達に来ていたのですが、店舗休みの為受け取れず、本日受け取りました。


DSC06502.jpg

3つ買いました。


DSC06504.jpg

米アマは段ボールが簡素。緩衝材もありませんでした。
まぁ、航空便や船便使用で大きさを削るためと思われますが、日本もこれくらいで良いんじゃないかなぁと思ったりします。
ただ、この段ボール・・・何故か超臭い・・・orz


DSC06503.jpg

フタを開けるとこんな感じで、青く染まると聞いていましたが、その通りの予感がするウールが入っています。
フタは米産によくある押しながら回すと開くタイプです。
ウールは3つ入っており、中の2つは粉がたくさん入っているので散らさないように出した方がよいです。


DSC06505.jpg

なかはこんな感じで、シリカゲルと錠剤が入っています。


DSC06508.jpg

1錠
錠剤自体は柔らかめで簡単に切断できますが、青粉が散るので注意。


DSC06507.jpg

1錠を溶かしたプラケ。
青いです、錠剤自体はアクア用なのですぐ溶けます。
ただ、水槽内に錠剤で入れるとその場で崩れて成分が散らない感じでしたので、プラケ等で溶かしてから入れる方が良さそうです。
(追記:飼育水で溶かしてから散布する感じの記載有りました。)
また、プレコに使用する場合(※メーカ説明で鱗無い魚には使うなの記載有り)規定量を一気に入れると良くない兆候が有ったので、複数回に分けて徐々に濃くして規定量にする方が良さそうです。

成分や効能に関しては「fritz aquatics clout」で検索して下さい。
パッケージにはnitroimidazoleの記載が有ったので、メトロニダゾールと同様の効果と思われます。
その他の成分も入っているようなので、効きが良いらしい分はその他成分との相乗効果と思われます。


注意:試す場合は自己責任でお願いします。まぁ、法的にも薬の個人輸入って時点で自己責任以外ないんですが・・・


そして、これを書いている途中にメトロニダゾールも届きました。
早いですねぇ・・・助かります。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。
スポンサーサイト
腹水病その2
とりあえず、経過など。

現状、症状出初め末期個体を移動して薬浴中です。
数匹は落ちましたが、個体により透明(白・緑・黄色)なゼリー状の糞をするようになり、症状は回復傾向にあります。

元を断たないと再発する恐れが有るので、全プラティに薬入りの餌を与えています。
子個体に関しては感染が稀であまり必要は無いのですが、念のため与えています。
今のところは何となく状態が良くなってきた感じがする程度の実感ですが、有る程度淘汰された後の状態なので、体感できるほどではなさそうです。

プラティはあと3~5日薬入りの餌を与えて終了。
プレコは回復するか様子を見つつ期間を決める予定ですが、薬残量的に今週末で一旦終了になります。

治りが微妙な場合は、追加発注したメトロニダゾールと米アマのCloutが届けば届いたほうから投薬して様子見の流れになりそうです。


と、店舗は営業していますが、店頭在庫の補充はしていません。
言って頂ければプラティは念のための投薬なので、在庫があるものは出せます。
腹水病
アルビノブッシーに腹水病が発生したようです。
発症確定個体は腹が透明な感じになり、通常クロレラ色の腹ではなくなります。

原因は輸入プラティ。

プラティの輸入個体は状態が悪く、トリートメントしても落ちる個体が多いのですが、そこで気になっていたのは白糞。
これ、調べると原虫系で発生する腹水病のひとつの症状のようです。
ま、国内販売の病魚薬を全試しでも落ち止らないのも何か納得できた感じです。そりゃ、原虫系駆除する病魚薬無いから止まりませんわな・・・(´・ω・)

メトロニダゾール系の薬で発症個体以外は防げるようなので、発症個体は移動して、フラジールのジェネリックであるMetrolexを投入しておきました。とりあえず1週間ほど毎日水替えと投薬を行う感じになりそうです。
これ、昔熱帯魚用に個人輸入していた物で、コリ導入時等にも使用しています。

あと、米アマゾンでCloutと言う原虫系に効く病魚薬を発注しました。
「Mardel Clout 100 Count」とかでググレば出ます。発注は出来たので個人輸入大丈夫なもののようです。
これは、発症後の個体にも効くらしいので、今後のためにとりあえず確保って感じです。
シリコンやチューブが薄い青に染まるらしいのですが、それ以外の効果は良いようです。

正直アメリカはこの手の魚の薬品多くて羨ましいです・・・しかも、安めだし・・・ま、ガロン表記だったり、微妙な点は有りますが(笑)
日本は薬関連は妙に厳しいのが困ります。
エア配管外れる
DSC06496.jpg

普通の個所は写真のように塩ビ管でシールテープを使い隙間ができないようにして押し込んであります。
両サイドから力がかかるようになっているので、通常の個所であれば、外れることは無く、外れかけたとしても影響しないくらいのエア漏れで済むくらいになっています。


DSC06497.jpg

今回外れた個所
下から伸びているのは塩ビを支えるための支柱ですので、接着等はしていません。
L字になっている個所で両サイドから力がかかっていない箇所が外れました。
まぁ、外に向かう力だけしかかからないので、よく考えりゃ外れやすい箇所ですね・・・
とりあえず、写真のように接着に変更してあります。

丁度居る時で、良かったですが、居ないときに外れてたら結構やばい状況でした(ーー;;)
何か所か同じように力の掛が悪い箇所やポンプに近い箇所に関しては接着に変更しました。
これで、今後は外れるケースは大体防げると思いますが、念のため、全個所を接着に変更する予定です。
アルビノブッシー販売してます
DSC06476.jpg

写真は以前の先行分ですが、大体同じくらいのグレードを販売しています。
大きさは2.7~3.3センチくらいで3センチの個体が中心です。

サイズ2~2.5センチ個体は店頭に置いてないので、言っていただければ販売可能です。

と、水曜日出荷の為、店頭在庫量は火曜日が一番多く、金曜日が一番少ないと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

一体どこから入ったのか・・・
DSC06495.jpg

店舗のシャッターを閉めて、中で作業をしていて、シャッターの方を見たらカマキリが居ました。
ん~なぜにカマキリが・・・まぁ、遅くまで明かりがついていたのがうちだけだったので、光に寄った虫を狙って入り口付近で待機&シャッター閉められて出られずだったのかもしれません。

にしても、保護色感皆無ですね・・・(´・ω・)

ま、さっくりと捕まえて、外に逃がしておきました。
今週の出荷風景
DSC06491.jpg

毎週店舗に持って行っているのですが、やっとこマシな量になってきました。
ただ、ハンドキャリーなんでこれ以上量が増えると大変そう・・・(笑)

地味に魚掬ってパッキングしたりすると1~2時間経過しちゃってます。
もうちょい早くできるように改善したいです。


当店ではミ○キーではなくクマで店舗へ出荷しています。
正直あの名称使っていいか怪しすぎで・・・夢の国からの夢の無い無慈悲な訴訟は回避したい・・・
と、言う流れで、あの模様はどちらかというとクマなので、クマで決定。
因みに店頭では単にプラティだけの記載で販売してます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

意外と小さかった
DSC06492.jpg

ヨーロッパブリードの家の旗艦メスです。
先日自宅から店舗へ移動した際に測ったところ12センチくらいでした。

もっと大きいイメージでしたが、意外と小さかったです。
まぁ、体高や幅が大きいのでその分大きく見えていた感じかも・・・

プレコ土管のセミコーンSではもう産卵できないサイズです。
水槽はセミコーンMとミニテムのプレコ土管を入れておきました。
どちらかで産卵すると思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ プレコへ
良ければクリック宜しくです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。