プレコときどきコリ
飼育しているプレコやコリをマターリと紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ap.ヴィエジタ ゴールドスーパーレッド 孵化
DSC06520.jpg

大体アピスト系はこんな感じのレイアウトになります。
通常はアピスト用の産卵シェルターに卵を産み付けてメスが守る流れになりますが、
今回は違いました。


DSC06522.jpg

流木にメスが入れる小さな穴があり、そこに産卵していました。
写真は孵化した稚魚ですが、卵は上下左右に産み付けていて、
上方だけと思っていたので下側にも産み付けていたのが、新鮮な感覚でした。
放精も有ったはずなのでぎりぎりオスも入れた感じかもです。

アガシジィファイヤーレッドと同様にピンク色をした卵でした。
と、産卵~孵化~ヨークサックが取れるまでにあまり写真を撮ると育児放棄や食卵食子してしまうように感じているので、写真は最近控えています(フラッシュが悪影響っぽい?


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。
スポンサーサイト
インペ孵化直後
DSC06517.jpg

ブログネタが無かったのですが、先ほどインペ水槽を見たら、孵化直後の稚魚2匹と孵化間際の卵1つを発見しました。
ただ・・・残りは全部食べたんじゃないかな・・・(遠い目)
奇跡的にオスがやる気を出していて、残りの稚魚はしっかりと育てているとかだと、とても良い感じなのですが・・・無いな・・・(ーー;;)
とりあえず、奇跡が有るかもなので・・・後で土管は確認してみます。
稚魚が居たら居たでどうするか悩ましいですが・・・(笑)

稚魚2と卵はプラケに入れてエアーのみで適当な場所に置いています。
室温で管理しているので、このようなイレギュラーパターンの時はエアーのみ考えれば良く楽チンです。

ヨークサックが無くなり餌を食べたら、某店のインペ稚魚販売が久々に復活するかもです・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。