プレコときどきコリ
飼育しているプレコやコリをマターリと紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラティ繁殖の流れ的な
DSC06142.jpg

産まれた直後の稚魚から
1センチ未満までの稚魚を
一箇所に集中して集めています。
回収せずに放置しても親とは有る程度区切れている状態なので、
さほど問題なく成長させることは出来ますが、
1~5割程度落ちる可能性があるので、
産まれているのを確認したら、
チクチク回収しています。
回収後は1~3%の子が落ちるくらいになります。

今は大体200匹前後居ます。
30センチ前後のプラケで飼育ですが、
過密になると尾びれが細くなって
細いまま成長してしまい良くないので、
300匹を超えたら別のプラケにするほうが
よさそうな感じです。
けども、水槽がもう置けません・・・orz
※ハリ病とはちょっと違う感じです。

適度な水換えと適度な飼育数で
ある程度は防げますが、1~3%くらいの個体が
細くなる傾向があります。
密度が増えると発生率が上がります。

別の余裕のある水槽へ移動すると
大体の個体が回復します。

餌は人工飼料、ブライン、イトメ等を与えます

とか、ずーっとスカーレットトリムを入れっぱなしなのは内緒です(ーωー;;)


DSC06144.jpg

プラケ飼育で1センチ前後になった個体を移動して
ミッキー模様が出るまで大きくします。
この時点で各色に分けます。

模様は出るまでに若干個体差がありますが、
1.5~2センチ前後まで成長させます。

餌は人工飼料を中心に与えています。


稚魚は割りと底の端等に居る場合があるので、
コリを一緒に飼育している場合は、
1~3割死ぬと思います。
食べないようなのですが、コリの口のそばに居ると、
吸い込んでしまって餌かどうかを確認し、
エラから吐き出す感じになりますが、
稚魚が耐えれず死にます(´・ω・)
早めに回収して別水槽が無難です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ
良ければクリック宜しくです。
スポンサーサイト

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://stealth79.blog.fc2.com/tb.php/906-2a8a4115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。