プレコときどきコリ
飼育しているプレコやコリをマターリと紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腹水病
アルビノブッシーに腹水病が発生したようです。
発症確定個体は腹が透明な感じになり、通常クロレラ色の腹ではなくなります。

原因は輸入プラティ。

プラティの輸入個体は状態が悪く、トリートメントしても落ちる個体が多いのですが、そこで気になっていたのは白糞。
これ、調べると原虫系で発生する腹水病のひとつの症状のようです。
ま、国内販売の病魚薬を全試しでも落ち止らないのも何か納得できた感じです。そりゃ、原虫系駆除する病魚薬無いから止まりませんわな・・・(´・ω・)

メトロニダゾール系の薬で発症個体以外は防げるようなので、発症個体は移動して、フラジールのジェネリックであるMetrolexを投入しておきました。とりあえず1週間ほど毎日水替えと投薬を行う感じになりそうです。
これ、昔熱帯魚用に個人輸入していた物で、コリ導入時等にも使用しています。

あと、米アマゾンでCloutと言う原虫系に効く病魚薬を発注しました。
「Mardel Clout 100 Count」とかでググレば出ます。発注は出来たので個人輸入大丈夫なもののようです。
これは、発症後の個体にも効くらしいので、今後のためにとりあえず確保って感じです。
シリコンやチューブが薄い青に染まるらしいのですが、それ以外の効果は良いようです。

正直アメリカはこの手の魚の薬品多くて羨ましいです・・・しかも、安めだし・・・ま、ガロン表記だったり、微妙な点は有りますが(笑)
日本は薬関連は妙に厳しいのが困ります。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://stealth79.blog.fc2.com/tb.php/974-ec025ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。